清寿園 ブログ

サイト管理人のブログです。

ニュース

緊急事態宣言 解除について

国並びに兵庫県の緊急事態宣言解除を受けて、特養 清寿園では下記のとおりの対処をさせていただきます。

☆ショートステイ(短期入所)の新規利用者様受付について
ショートステイ(短期入所)の新規利用者様受付を中止していましたが、緊急事態宣言解除を受けて再開をさせていただきます。
ご利用については、お電話にて相談員にご相談下さい。

☆ご面会について
利用者様とのご面会はまだ当分オンライン面会のみとさせていただきます。

ご利用方法は5月初旬に文書で郵送しておりますが、スマートフォンの設定などわからない事があれば、いつでもお気軽にお問合せ下さい。



☆新規ご利用の施設見学について
当面は施設見学をお断りさせていただきます。


以上、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、情勢が不確実である現在、ご面会・見学等、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

清寿園では感染防止のため、様々な取り組みを行っています。
事態収束まで、まだ当分時間がかかるかと思いますが、皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

園内の利用者様のご様子はご家族様限定の専用ブログにてご報告させていただきます。
ご高覧いただき、ご意見ご感想などいただければ幸いです。

感染症対策「次亜塩素酸水」の活用

rsKIMG0246

清寿園では、感染症対策として様々な取り組みをしています。
その中の一つとして「次亜塩素酸水」の活用があります。
※「次亜塩素酸ナトリウム」とは別のものです。

コロナ感染症対策として最近注目を集めている「次亜塩素酸水」ですが、清寿園では5年ほど前から活用しています。
5年前は、200ppm20ℓ入りの液体(1万円程度)を購入したり、水に溶かして使う粉末のものを利用していましたが、昨年からは「ミニクローラ」という器械を使い、用途に応じて様々な濃度の「次亜塩素酸水」を作っています。
http://www.tristar-jp.com/product/mini-chlorer.html

普段は濃度200ppmの「次亜塩素酸水」を食塩(小さじ2杯程度)と水道水(7ℓ)で1時間かけて生成していますが、食塩の量と時間の調整で1000ppmの高濃度の液体も生成する事も可能です。

200ppmの「次亜塩素酸水」は遮光したタンクに入れて、各部署で等分の水道水で100ppmに薄めてテーブル等のふき掃除に使用したり、4倍に薄めて(50ppm)超音波加湿器で噴霧することで施設内の衛生環境を整えています。
噴霧場所は主に、廊下、食堂、玄関、会議室など、多くの人が集まる場所です。

アルコールや逆性石鹸では効果がないと言われているノロウイルスや、今回のCOVID(コビット)-19(新型コロナウィルス)や新型インフルエンザウイルスにも効果認められ、O-157や大腸菌などの食中毒菌、病原性細菌、カビ菌などあらゆる菌に対して有効と言われています。(次亜塩素酸は耐性菌が今まで一度も検出されていないそうです)

また、食品添加物であるため、野菜、果物、食材の洗浄・除菌にも一般に使われている等、赤ちゃんが口に入れても大丈夫なほど安全性が高く、紫外線や揮発などに気を付ければ約1カ月程度は効果が持続し、保存も可能です。

3月末から消毒用アルコールが非常に手に入りにくくなり、注文をしてもいつ入荷するかがわからない、という状態が未だに続いていますが、幸いな事に様々なご支援をいただき、手指消毒用のアルコールは確保できています。
しかし、貴重なアルコールを施設内の隅々にまで使用する事は現実的ではなく、「次亜塩素酸水」は大変役立っています。

市販では50ppmで400ml程度のものが1,000円程度で売られている「次亜塩素酸水」ですが、清寿園では食塩と水道水で原価がほぼ無いに等しいようなコストで生成できるため、施設職員や訪問事業所の職員も自宅に持ち帰り衛生管理に活用をしています。

「接触感染対策シート」を家族会からご寄付いただきました

rsKIMG0243

↓「接触感染対策シート」特設サイト

https://www.kansai.co.jp/sikkuitape/

 

1袋3枚入りのシートを50袋のご寄付をいただきました。
効果は6カ月有効とのことです。
家族会からの様々なご支援を職員一同心から感謝いたします。
ありがとうございます。

さっそく職員が大勢で頻繁に触る「ドアノブ」に使用させていただきました。
今までツルンとしていて回すのに握力が必要だったドアノブですが
接触感染対策シートがちょうど良い滑り止めのようになって
回しやすくなりました♪

施設内の手すりなど接触の多い場所は、今までも定期的に消毒液でふき取るなど感染症対策を実施してきましたが、このような対策は初めての試みです。

メーカーの実験では「SARS・MERSコロナウイルス」にも効果があったとのこと
今回のCOVID-19(新型コロナウイルス)にも効果があるだろうと言われています。

今まで通りの感染症対策を実施していく事は大前提ですが、このような先進的な「道具」を使って、更にしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

本当にありがとうございました。

LINEビデオ面会(オンライン面会)を実施しています

line_60x_4

先日からはじまったLINEでのビデオ面会を本日までに6名の方がご利用されています。

タブレットの小さな画面越しではありますが、久しぶりにご家族のお顔をご覧になりお声を聞かれて、思わず涙ぐむご利用者様もおられました。

「もっと早くに対応できれば良かった」と職員一同、反省頻りです。

しかし、施設内のWi-Fi環境が一部整っておらず、全ての利用者様の居室から映像をお届けする事が難しい場合があります。

基本的には
 ① ご家族様がご自宅等から通話される場合は、利用者様は1階玄関横の「会議室」で
 ② ご家族様が来園されて施設の通信機器で通話される場合は、利用者様は1階又は2階のWi-Fiアクセスポイントの近くから

と取り決めをしていますが、その日の通信状況では「玄関」で、という場面もありました。
今後は利用者様の居室からでも通話が可能なように改善をしていく予定です。
また、できるだけプライバシーに配慮したご面会を設定できるようにしたいのですが、利用者様がご自分で機器を操作することが困難で、たとえば、思わず画面を触って通話が途切れてしまう、という事もあるため、職員が付き添ってのご面会となってしまっています事をご理解・ご了承お願い致します。

「新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言」がまだ解除されていない8つの都道府県の内、兵庫県は解除判断の一つである「感染の状況」が「人口10万人あたり0.5人以下」の基準を一番少ない数で経過しています。
このまま進めば早い時期の「解除」の目途も立つとの事ですが、諸外国の事例を見るにつけ、まだまだ気を緩めるわけにはいきません。
当清寿園では、当面の間、現在の感染症予防の体制を維持していく予定です。

ご利用者様・ご家族様には様々なご不自由をお掛けしており、大変申し訳なく思いますが、どうかご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

マスクをご寄付をいただきました

S20200517KIMG0235

御国野町深志野
㈱姫路生花卸市場(http://www.himehana.jp/)の代表取締役 柴山栄一様から

姫路市老人福祉施設連盟あてにマスクのご寄付をいただきました。
市内会員49施設にそれぞれ300枚を配布していただきました。

新型コロナ感染症では、大変な影響を受けておられる企業が多い中で、このように貴重な物品をご寄付いただける事は本当に尊いことだと感服いたします。

職員一同、業務の中で大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございました。

» 続きを読む